相続放棄の知識を集めてみました。

生活保護を受けている人が相続をしたら

生活保護を受けている人が相続をしたら

生活保護を受けている人でも、相続はできます。
財産を受け継いだことによって、自律できるだけの資力を得たのなら、当然保護は打ち切られます。
相続財産が少なく、それを使い切ったらまたすぐに保護が必要になるというような場合には、廃止ではなく停止になる場合もあるようです。
問題は、生活保護を受けている人が相続放棄をできるかどうかですが、放棄すること自体は本人が決めることなので、可能です。
しかし、生活保護法には、「活用できる資産は活用しなければならない」という旨の条文があるので、活用できる資産を放棄してしまった場合には問題になる可能性があります。
それが理由で保護が打ち切られてしまっては大変ですから、あらかじめケースワーカーに相談をしてから決めるべきでしょう。
プラスの資産よりも借金のほうが大きい場合や、連帯保証人になっていて莫大な借金を背負うことになる可能性がある場合などには、放棄をすることが認められる場合もあります。
その場合もケースワーカーにあらかじめ相談して了承を得ておくことが大切です。

遺産相続の際の訴訟

親が死亡したりする場合に、遺産の相続を行うことがあるものですが、その際には色々なトラブルが発生することも少なくないと言います。
小さいときから仲良しだった兄弟や姉妹なのに、遺産分割のことになった途端に、骨肉の争いになるというようなものはドラマや映画の中だけの話ではありません。
あまりにも相手の言い分が理解出来ずに、おかしなことになりそうな場合には、法律事務所などで相談をして弁護士の先生に依頼をすることをお勧めします。
法律のエキスパートである弁護士の先生に依頼をすれば、きちんと法廷で争うということが出来るために、公平に話が進むためです。
訴訟になるような場合には、もはや素人の力ではどうにもならないという事がほとんどですから、弁護士の先生の力が必要なのです。
正確な法律の知識もないのに、へたに勝手なことをしてしまって、自分たちの立場が悪くなってしまうようなことも少なくないので、注意をして行動することが大切です。

Favorite

本八幡の歯医者に問い合わせ

2018/8/9 更新

メニュー

『生活保護 相談』 最新ツイート